住宅や別荘の新築・リフォームは大塚建設  会社概要 お問い合わせ  
確かな性能とスタイリッシュな家づくり
大塚建設 
    大塚建設の家づくり 注文住宅・別荘新築 大塚建築設計事務所 リフォーム全般
耐震診断&耐震改修 介護リフォーム 不動産売買・買取
別荘管理・サポート よくあるQ&A    
耐震診断&耐震改修 ☆★☆お気軽にお問い合わせください  ☆FAX:0279-84-5140☆ 
☆TEL:0279-84-6368☆  メールでのお問い合わせはこちら

ホーム≫耐震診断&耐震改修

“ローン控除”

“補助金”

“金利優遇”

介護リフォーム
   嬬恋村の補助金
安心サポート。大塚建設では上記のすべてがご利用いただけます。工事はもちろん制度の説明や複雑な手続等も親切丁寧に対応致しております。

住宅ローンもご相談ください
 全宅住宅ローン㈱が提供する
  住宅ローンが当社で取次できます。
フラット35 フラット35S 
 全宅住宅ローン

施工エリア
群馬県吾妻郡嬬恋村・群馬県吾妻郡草津町・群馬県吾妻郡長野原町・群馬県吾妻郡東吾妻町・群馬県吾妻郡中之条町・群馬県吾妻郡高山町・群馬県渋川市・群馬県高崎市(旧倉渕・榛名町)・群馬県安中市・長野県北佐久郡軽井沢町・長野県北佐久郡御代田町・長野県佐久市・長野県上田市・長野県東御市・長野県小諸市
※エリア内でも一部対応できかねる場合もございます。ご了承ください。
※エリア以外の方は直接ご確認ください。

 大塚建設北軽井沢事務所
 大塚建設

新築建物事例紹介
開放感あふれ 木の香り感じる空間
リフォーム事例紹介
受け継がれる別荘 快適リフォーム
高低差を活かし広いリビン……
   -工事中現場公開-

地デジアンテナ工事
(旧ホームページ)

◇◆木造住宅耐震診断と耐震改修◇◆

東日本大震災、熊本地震は記憶に新しいのではないでしょうか。
日本は地震が多い国なので地震への対策は万全だと多くの人が思っていたはずです。
しかし、現実の被害の大きさに驚きと不安を抱いた方は多いはずです。

日ごろから備えることの大切さ。

地域の住宅を地震による倒壊から防ぎ、住む人の生命・財産を守ることが、私たちの使命だと強く感じて『木造住宅耐震診断』を始めます。

まだまだ、地震に対する耐力不足の住宅はたくさんあります。

現在、使われている建築基準法のいわゆる『新耐震基準』が昭和56年(西暦1981年)に施行されました。それ以前の耐震基準で建てられた建物は、阪神・淡路大震災のデーターからもわかるように耐震性に不安があります。キーワードは昭和56年です。

そのうえ『新耐震基準』も阪神・淡路大震災の経験を得て、平成12年(西暦2000年)に建築基準法が改正されました。この改正によって『継手、仕口の接合方法』や『4分割法によるバランス確認』などが追加され、より確実な耐震性が確保されました。
これらの基準以前に建てられた建物が、現在の耐震基準に適応していない可能性があります。とくに昭和56年以前の建物は耐震診断を受けていただきたい。さらに昭和56年から平成12年で建築した建物も現在の耐震基準で診断されることをお勧めします。

まずはご自身で、自分の住まいを知ることが大切なのです。

耐震工事と聞くと、莫大な費用がかかると思っていませんか。当然、建物の状況によって違いますが、耐力壁を1ヶ所取付けるだけで耐震基準を満たした事例もあります。

住宅のリフォームを考えておられる方、一緒に耐震工事をおこなえば耐震工事費を抑えられるかもしれません。外壁工事、内装工事、浴室の入替、キッチンの交換などと同時に工事に関わる部分の1部を耐力壁とすることで耐震基準を満たすこともあります。

まずは『木造住宅耐震診断』をお受け下さい。
耐震工事まで考えておられない方も『耐震診断』だけでも受けていただきたいと思っております。ご自身の住まいの地震によって倒壊する危険度を知っておけば、いざという時に迅速に対応できるはずです。

また耐震診断によって耐震改修が必要な場合、引き続き工事もお請けできます。
専門知識をもった担当スタッフが責任を持って工事終了まで対応いたします。


大塚建設ではエリア限定で出張交通費を無料サービスしております。
さらに、耐震診断に関するお問合せいただいた方で、希望者全員にご自身でチェックできる『誰でもできるわが家の耐震診断』の診断表を無料でお送りいたします。
詳細について詳しく聞きたい方は直接お問合せください。
メールでのお問い合わせ




□■
阪神・淡路大震災から見えてくるもの□■
 1995年1月17日午前5時46分52秒 M7.2 震度7
 死者数6,434人 全壊104,906棟 全焼7,120棟


下図は神戸市内の地震によって亡くなられた方の死亡原因のグラフです。
            「神戸市内における検死統計」(兵庫県検査医,平成7年)より 

図からもわかるように、圧倒的に家屋や家具の倒壊による圧迫死の割合が高いことがわかります。これは住む人の生命・財産を守る役目の住宅が崩壊し、逆に住む人の生命・財産を奪っていることを示していると思います。


次に損傷を受けた建物の特徴はどのようなものでしょうか。
キーワードは◇◆木造住宅耐震診断と耐震改修◇◆で述べたように昭和56年(西暦1981年)です。
下図をご覧ください。

平成7年阪神・淡路大震災調査委員会中間報告(建設省) ※戸建て住宅や商業用ビル等も含めた全数調査
建物の耐震改修[(財)日本建築防災協会より 

図からもわかるように、昭和56年以前の耐震基準で建てられた建物の被害の大きさがわかります。つまり、昭和56年以前に建てられた建物は大地震に対して倒壊する恐れが強いのです。さらに注目する点は、昭和56年以降の建物でも割合は少ないのですが、大破・倒壊している建物があるという点です。この震災の経験を活かして平成12年に新耐震基準の一部を改正をおこない、耐震性の向上に努めたのです。



2つの資料が示すように、住む人の生命・財産を守るという意味においても、昭和56年以前の建物は『耐震診断』を受けていただくことが重要なのです。さらに当社では昭和56年から平成12年までの間に建てられた建物も耐震診断を受けることをお勧めしております。

まずは『木造住宅耐震診断』をお受け下さい。

大塚建設ではエリア限定で出張交通費を無料サービスしております。。
さらに、耐震診断に関するお問合せいただいた方で、希望者全員にご自身でチェックできる『誰でもできるわが家の耐震診断』の診断表を無料でお送りいたします。
『木造住宅耐震診断』の詳細について詳しく聞きたい方は直接お問合せください。

メールでのお問い合わせ 
ホーム大塚建設の家づくり注文住宅・別荘新築大塚建築設計事務所リフォーム全般耐震診断&耐震改修介護リフォーム

物置・倉庫・薪ストーブ不動産売買・買取別荘管理・サポートよくあるQ&A会社概要
住まいづくりに関わるということお問い合わせ方法|   
 有限会社大塚建設     サイトマップ
Copyrights(C)2011 ootsukakensetsu Co.Ltd All Rights Reserved.